7つのムダ


こんにちは。こんばんは。おはようございます。
カイシマコンサルタント事務所、快感・官能コンサルタントの快島 快美でございます。

日本のお家芸『改善』Kaizen
その中でも、基本の概念である『7つのムダ』”カンタン”に紹介致します。

ムダを省くことは、『効率化』への一番の近道です。

改善とは、

①誤りや欠陥、ミスを是正し、より良い状態にする事、行為。
②日本の製造業で生まれた工場の作業者が中心となって行う活動・戦略のことである。日本国外でも通用する言葉であり、本来の意味と区別するためにカイゼン、Kaizenとも表記される。

トヨタ生産方式とは、

トヨタ自動車の生み出した、工場における生産活動の運用方式の一つ。現在では多くの企業がこれにならった方式を取り入れており、工場等の製造現場やそれに付随するスタッフ部門だけでなく、間接部門でも取り入れている企業も見られる。

トヨタ生産方式では、ムダを「付加価値を高めない各種現象や結果」と定義しています。

このムダを無くすことが重要な取り組みとされています。

ムダとは、代表的なものとして以下の7つがあり、それを「7つのムダ」と表現しています。

1.作りすぎのムダ

2.手待ちのムダ

3.運搬のムダ

4.加工そのもののムダ

5.在庫のムダ

6.動作のムダ

7.不良をつくるムダ

「加工」の「か」、「在庫」の「ざ」、「作りすぎ」の「っ」、「手待ち」の「て」、「動作」の「と」、「運搬」の「う」、「不良」の「ふ」、と頭文字を取れることから、「飾って豆腐」とも呼ばれています。

これは、生産工場で生み出された知恵ですが、事務所や間接部門へも展開されています。
もちろん、他業種や個人の日常へも展開することができます

それでは、一般的な活用の仕方を紹介致します。
👇

7つのムダ 一般化

1.作りすぎのムダ
⇨家庭料理でも作りすぎてしまうこと、ありますよね。料理以外の手配や準備にしても、当面そこまでいらないのに多めに仕込んで、置き場所・お金・準備時間をムダにしてしまうことも。『適正な量』を把握することで、『今やらなくていいこと』がわかってきます。

2.手待ちのムダ
⇨待ち時間のことです。他の人・他の事項が終わるまで、何もしていない状態。同時に何かできるはずですよね。「待っているものが出来ないと次に進めない」そんな場合は、初めからその事項を前倒しに計画する必要もあります。『同時に行う』『順番を考える』『期限・速度・優先順位を組み立てる』ここがポイントとなります。

3.運搬のムダ
『動線』『レイアウト』が密接に関係します。『運搬』『移動』も立派な動作のひとつです。行っている動作を分解してみると、この『運搬』『移動』に費やしている時間が主だったなんていうこともザラにあります。いかに『運搬』『移動』をなくすか、『通りがかりに行える』『順番通りの配置に並び替える』『移動しないで行える設置にする』これらを念頭にすると配置変更すべきものが見えてきます。

4.加工そのもののムダ
⇨仕事そのもの、行っている内容そのもののムダ。「前からやっているから」「やる理由はわからないけど引き継がれたから」このあたりは、なくせる場合もあります。『なぜ』『何のために』行っているのか、目的を明確にしましょう。それにより、なくせる事項、はたまた、絶対に押さえておかなければいけない、今まで以上に注力しなければならない事項が浮き彫りになります。

5.在庫のムダ
⇨「1.作りすぎのムダ」や「仕入れ(買い物)」のムダからくるものです。在庫が増えると、場所をとります。探す手間が増えます。後々いらなくなりお金がムダになることもあります。既にあるもの、同じ用途のものを不必要に購入してしまうことにも繋がります。『整理していらないものは捨てる』『そもそも在庫を持たない』少し心がけるだけで、空間そして思考がスッキリとします。

6.動作のムダ
⇨「ムダな動作」この言葉は、製造業に限らず、一般生活でも聞く言葉です。ひとつひとつの動きにエネルギー・時間が費やされています。例えば、「腕を伸ばす」「振り向く」「目線を動かす」。この動作のひとつひとつを分析してそぎ落としていくと、シンプルな動き「最小労力」でラクにムリ・ムラ・ムダなく行うことができるようになります。参考としまして、前回の投稿の『動作経済の原則』がございます。☞『快島快美の真面目なレッスン!』動作経済の原則

7.不良をつくるムダ
⇨『歩留り』これは製造業の永遠のテーマです。同じ時間、同じ材料を費やしても、不良品の発生により、出来上がる数は変わります。利益が変わってしまうのです。この不良品をつくらなくすることが永遠のテーマとなり、何百年も様々な管理技術が編み出されてきました。製造業以外にも、『費やした物に対してどれだけのリターンが得られるか』これは、永遠のテーマになってきます。そのための分析手法・アイデア思考法・改善手法を今後も紹介して参ります。

歩留りとは、

製造業など生産全般において、原料や素材の投入量に対し、実際に得られた生産数量の割合のこと。また、歩留まりを百分率で示した数値を「歩留まり率」という。

何万人の人が年月をかけて練り上げている知恵の結晶、多くのシーンで取り入れられている伝統の理論理屈。
それが生まれた業界やシーンだけではなく、一般シーンへも活用して、より良き明日へ繋げていきましょう。

種々『工学的改善アドバス』も承っております。
お気軽にお問い合わせください。


カイシマコンサルタント事務所
快感・官能コンサルタント
快島 快美

 

 

 

 

 

おすすめの記事